スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Parisの煩悩紹介(お気に入り編)

小田彦三郎@まだ買ったもんあるんかいっ!!っと突込みが入りそうだが、紹介しているのはほんの一部だってば~、です。
はい、もうどうしようもなく煩悩の塊です。


111213_2143_01.jpg
今回の会場Passageの中にある靴屋さんでGETしたゴム長。
100人に話すと99人が笑う土産話付き(苦笑)。
聞きたい人は明日、小伝馬町の紅に集合(無理)←話す気なし?(笑)
このボンデージのようにピターっとしたブーツから脱出するための木の道具を、ご存知の方はいらっしゃらないだろうか?
私が見たのはドイツのローテルブルグだった。
ブーツを履いたまま、片足のかかとをUの字のとこにかかとをひっかけて、もう片足で本体を踏む。で、カポっと脱ぐ。
どうしても必要。情報、プリーズ。
レアールのgosportsあたりに売ってるだろうか・・・?


111130_2306_02.jpg
舞妓はん。
今回のイベントでご一緒した在仏の切り絵アーティストMai Joigneaux さんのもの。
初日に出会ってしまって一目ぼれ。売れませんように・・・と期間中、呪いをかけて続け(笑)晴れて其の元へ♪
危うく母上に奪われそうになるも死守した。
額縁をつまみ細工で飾って、各地のイベントに持参しようと思う。もちろん見せびらかし用(笑)。



貧乏バッグ。
今回の増えすぎた荷物を日本に無事運んでくれた、5ユーロ位の頼れるヤツ。
カンカユリーで売っている、定番中の定番。でも、こんなにかわいいタータンチェックの生地は初めてみた。
大きさは多種多様。重くて持ち上げられなかったのでズルズル引きずって歩いたが無事だった、恐ろしくタフなヤツ。
本当は何て言うバッグなのかわからないけど、日本人同士だと「カンカユリーの貧乏バッグ」で通じる(キフキフのおね~さんとビズジャポンの江草さんには通じた・笑)。
ちなにみ中国のバックッパッカー仲間は「農民バッグ」と呼んでいるらしいが、「貧乏バッグ」で通じた。
苦しい旅経験者には御馴染み。次回に備えてスーツケースにinしておく。



このほかにも、opera駅構内の売店で売ってた、エナメルベッカベカのキルティング加工雨雪用ブーツ、40ユーロで激安だったけど、赤と黒のど直球カラーでハートを射抜かれてたけど、本当にもう荷物がアカンくて断念。
何度も店の前を通って断念したので、暫く夢に出てくる勢いだった・・・
あとJimmyChooとuggのコラボブーツも、サイズがなくて断念。まさに断腸の思いで断念。ぐやじぃぃぃぃ・・・
前世が百足だったから(←嘘)、靴が1個しか買えなかったのが心残りでならない。
次回暴走しそうで怖い・・・

1年と開けずに通ったParis。
10年間行かなかったらいろんな事を忘れてて戸惑った。
でも、日が経つにつれて思い出して、旅行熱が再発した。
ヤバイ・・・
イヌが居るのに・・・
たぶん、来年居ると思う。空っぽのスーツケース抱えて。
Badoitの一升瓶抱えて飲んでる着物の人を見かけたら、「オダヒコ?」と声をかけてください。
100発100中、其です(笑)。
スポンサーサイト

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

まとめ
Copyright © 悠々、和適 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。